« 黒い食パン? | トップページ | クリスマスと棚 »

2010年11月22日 (月)

玄米

うちの一押し、玄米食パン。

米粉パンが最近はやってますが、粉にした米粉と小麦粉をミックスして製パンするのが普通の作り方です。グルテンを含まない米粉はふっくらふくらみません。

SYATOAでは、こねあげたパン生地にやわらかく炊き上げた玄米を混ぜ込んでつくります。

しっとりとやわらかく、とてもおいしい食パンです。

Photo

Photo_3 

写真うつりはあまりよくないけど味は自信をもっておすすめです。

栄養面でもすぐれものです。

玄米はビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいて、人間が健康を保つために必要な栄養素をほとんど摂取できるため、完全栄養食といわれています。

栄養バランスのために「一日30品目以上」とかいいますが、それは白米を主食にした場合です。

逆にいえば、白米を主食にした場合は一日30品目以上の食品を摂取しなければ健康を維持するための栄養素が不足する、という事です。

玄米を主食にした場合にはその必要はありません。昔の人が「一汁一菜」でも健康でいられたのは玄米を主食にしていたからなのです。

明治時代には、石塚左玄によって提唱された玄米菜食による食養が実践され、食養会という食養実践団体ができました。

これはマクロビオティックとして継承され欧米でも普及し、アメリカでは医療の歴史として国営のスミソニアン博物館に収録されることになりました。

スミソニアン博物館には玄米も資料として収録されています。

日本総合医学会にも玄米菜食による食事療法がうけつがれています。

さらに発芽まえの玄米にはフィチン酸という物質が多く含まれています。

フィチン酸には体内の有害物質を排出してくれる強力な機能があります。

玄米えらい!

うちの玄米食パンは玄米含有率25%だけど、パンが食べたくなったらぜひうちの玄米食パンをたべてね(笑)

« 黒い食パン? | トップページ | クリスマスと棚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄米:

» マクロ ビオティック [マクロ ビオティック]
マクロ ビオティックとは、とても興味深い健康法ですね。マクロ ビオティックを実践すればだれでも健康になるのでしょうか?ダイエットにも有効でしょうか?マクロ ビオティックについて説明します。 [続きを読む]

« 黒い食パン? | トップページ | クリスマスと棚 »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31