« ブーランジュリー | トップページ | パン屋研修 »

2012年6月 6日 (水)

バゲットトラディショナル

今日はバゲットとバゲットトラディショナル、

そしてビエノワズリーのクロワッサン、チョコクロワッサン、等やりました。

うちのバゲット太すぎ、やっぱバタールに名前かえなくちゃ(^-^;

 

Dscf1773

これは穀類とナッツが入ったブレッド、バゲッドの生地から取り分けて混ぜあわせてつくります

Dscf1775

生地を休ませているところ

Dscf1783

ルヴァンリキッドを生地にいれてるところ

バゲットとバゲットトラディショナルの違いはルヴァンリキッドが入るかどうか

バゲットトラディショナルとはむかしながらの製法ということだそうです。

Dscf1737

オーブンに入れる直前のバケッドトラディショナル

クープも窯いれもしました。

生地の成形もしました。

加水は70パーセントでおなじなのに、生地がかなりゆるいし、醗酵あまりさせないし

あまり気泡もいれないでもっちりした感じ。おいしいけど。

バゲットコンクールで1位のとこも気泡ばっかりではなかったなぁ。

日本みたいに気泡の量で評価するのもいかがなものか

やっぱ食べて美味しいってのが一番大事だよね。当たり前の話だけど。

Dscf1776

地下に降りて、ビエノワズリーもやりました。

ビエノワズリーとはお菓子のパティスリーとパンとの間のデニッシュとかクロワッサンなどです。

Dscf1780

ミニクロワッサンを作っているところ

Dscf1779

レーズンをデニッシュ生地にまきこんでいるところ

Dscf1778

折込生地を機械で均一に分割しているところ

 

今日のお仕事はこんなところでした。

Dscf1781

お昼ごはんにサンドイッチがでました。

ここではサンドイッチというとバゲットにいろいろはさんだカスクートのことです。

生ハムと山羊のチーズいりでした。

売り場には私がつくったものが並んでたりしました。(笑)

 

明日は4時に仕事をはじめます。

最初から見ないと、生地のながれがいまいちつかめません。

 

帰りにスザンヌさんおすすめのオルセー美術館に寄ってみました。

こちらではドージィーと発音します。Musée d'Orsay

Dscf1789

では、また^^

« ブーランジュリー | トップページ | パン屋研修 »

コメント

そっちも楽しんでるみたいで安心した(゚▽゚*)
ドージィーして迷子にならないでね(笑)

ワーッ!!
パリジェンヌにお披露目したんだ!!
パリジャンが食べたんだ!!

   わーっ!!!!! ありんこ~!!!  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バゲットトラディショナル:

« ブーランジュリー | トップページ | パン屋研修 »