« 懐かしの | トップページ | ありがとう。がんばります。 »

2012年6月 2日 (土)

浦部農園

先日浦部農園の奥様と電話でお話した。

奥様は浦部農園の今後の展望を語ってくださいました。

「ものを売り買いするレベルではなく、命をはぐくむ食の前哨基地として

浦部農園を残していきたい」というような内容のお話を伺い、感銘をうけました。

 浦部農園さんは有名なので、ご存知のかたもおおいでしょうが

ついこのあいだも上毛新聞の一面に連続で掲載されました、http://www3.ocn.ne.jp/~oriza/

お話して思い浮かんだのは「至誠」と言う言葉です。

ご自身、難病のベーチェット病を克服された経緯が有機農業であるため

一言ひとことに、重みがあります。

跡継ぎのいない浦部農園を今後どうしていくか正念場だ、とおっしゃる奥様。

健康を、命を、はぐくむ「食」

浦部農園の食にたいするこの真摯な姿勢は、残したい、いや伝えていかなければならない。

そう感じました。

心をこめて作られた、浦部農園の有機、無農薬のお米

玄米は玄米食パンとして商品としてすでに店に並んでいますが

お米もSYATOAにおかせてもらう事にしました。

どうぞ、ご利用ください。

002

 

 創業支援塾の同期の佐藤さん、有機農業をめざしてがんばって

いまは浦部農園さんで研修生としてお世話になっています。

先日もご来店くださいました。

佐藤さんのお陰で浦部農園さんとのご縁をいただきました。感謝です。

Dscf1664

« 懐かしの | トップページ | ありがとう。がんばります。 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦部農園:

« 懐かしの | トップページ | ありがとう。がんばります。 »