« 新商品 | トップページ | シュークリームの日、明日から。 »

2012年7月16日 (月)

ホームステイ(その2)

パリのホームステイでお世話になったタキシドさん、

たくさんの楽しい時間をいただきました。

とくに週末の別荘に連れて行っていただいたのは、忘れられない思い出です。

Dscf1933

Anet,

Lury la Bataille

Gilles、という順にドライブしました。

Dscf1946

Lury la Batailleでランチです。

マルシェで鳥の丸焼きとか買って、古城跡でピクニックしました。

Dscf1964

Dscf1963

Dscf1962_2

アデリーンのまねをして、おてんばしました。(笑)

Dscf1960

Dscf1961

きゃ!よくみれば、よじ登ってる私のおしり!しっかり撮られてました。( ̄Д ̄;;

降りてきた私にマダムが「この上に日本人のあきこが登ったと看板に書かなくちゃ!」

皆で大笑いしました。

Dscf1970

古城あとの案内板

Dscf1969

Dscf1971

Dscf1975

そして、Gillesという町にある、タキシドさんの別荘にいきました。

ムッシュは家庭菜園に、アデリーンはテニスに、マダムは給油と買い物に、

わたしは、マダムについてお買い物。

Dscf1977_2

お土産もここで買いました。(笑)

バターが安いのにはびっくりでした。

帰国してからTVでみたのですが、酪農保護のため仏政府が支援政策をとっているので、

マーガリンよりバターのほうが安いんですって!!

どうりでクロワッサン美味しいわけよね-。ケーキもお料理も美味しくなるわけです!

さすが観光大国、政策にブレがないです。(笑)

Dscf1990

ニコルさんの水車のあるおうちもみせていただきました。

本物の水車、ミル、石窯、…みな美しく保存されていました。

Dscf2003

Dscf1991

そして、広大な麦畑、

Dscf2023

ここでフランスパンはうまれたんだ。

土地柄、グルテンの少ない中力粉しか採れず、パン生地としてはガスを包む薄い膜の形成が難しく、それを工夫して工夫して、あんなに美味しいパンに作り上げたんだ。

フランス料理って、技巧をきわめて素材の面影もないほど作り上げるイメージがあって

日本料理の対極のような気がする。

フランスパンはそんなフランス料理の精神の象徴っていったらいいすぎかなぁ。(笑)

Dscf2020

タキシドさんの別荘です。

イチゴ摘みしたりお茶いただいたりして、私だけパリに電車で帰りました。

翌日は帰国です。(ρ_;)

かえりたくなーい!(笑)

« 新商品 | トップページ | シュークリームの日、明日から。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホームステイ(その2):

« 新商品 | トップページ | シュークリームの日、明日から。 »