日記・コラム・つぶやき

2019年2月 3日 (日)

前橋の活性化

パリに短期職業留学したときに感じた事。

パリの住民は全ての人が観光立国としての役割を実行していると感じた。
エレベータの中にゴミが落ちていれば素敵なムッシューが何の衒いもなく拾う。
そして外に出てゴミ箱に捨てる。
パリの街には2メートルおき位にゴミ箱があって、旅行者もパリの人もゴミを捨てたいと思えば、もうすぐ確実にゴミ箱に捨てられる状況にあった。
そしてそのゴミ箱はひっきりなしにゴミ収集車がきれいな袋に取り替えていた。
政府は酪農に多大な支援をし結果として新鮮な牛乳、新鮮なバターは豊富でマーガリンよりも安くて、当然料理人はバターをたっぷり使いおいしい料理を作る。

そして家庭では洗濯物は人の目に触れないように日の当たらない場所に干していた。
人々は旅行者に親切でパリジャン、パリジェンヌの立場をいつも保っている。
ホームステイ先の小学校3年生の女の子はなんだかいつも精気のないおとなしい振る舞いをしていたが、週末に郊外の別荘に行くとまるで別人のように生き生きと楽しそうにしていた。
普段はしないのに勝手に台所に入って勝手にケーキを持ってきて勝手に切り分け、切り分けたナイフをそのまま口に持っていきナイフについたクリームをペロペロ舐める。
口の端を切ってしまいそうでハラハラして見ているとお母さんは仕方ないわねぇと言うような顔で苦笑して、でも何も言わない。
パリにいる時とは親も子も全然違った。
観光立国のパリとしてすべての住民が、観光立国と言う一方向のベクトルに間違いなく真っ直ぐ向いていることにすごくびっくりして感心させられた。

でもその一方でやはりプラスとマイナス両面があることを感じた
きれいな街並みは大好き。
でも子供たちは生き生きと楽しそうにして生きて欲しいし洗濯物は陽に当てたい。
前橋をどんな街にもしたいかと聞かれれば
私の非常に個人的な意見だけども住みやすいコンパクトシティーにして欲しい。

老人も子供も暮らしやすく、楽しく生活できるような街がいいな、と思う。

2019年1月 2日 (水)

明けましておめでとうございます。

Img_2411_r_2



新年あけましておめでとうございます。
 
昨年中は大変お世話になりました。
 
 
たくさんの出合いとたくさんの学びをいただきました。
 
 
そして、いままでたくさんの応援・支援をいただいてなんとかやってこれましたが、
 
 
これからは、それをお返ししていく歳になったのだと感じる年でもありました。
 
 
白根開善学校への協力は、続けていきたいと思います。
 
香葉村真由美先生の支援コサージュは、シャトアでも販売します。
 
 
また、児童養護施設卒業後の居場所作りとしての「ピースオブファミリア」にも、できる範囲で協力していきます。
 
よろしくお願いします_(._.)_。
 
 
 
 
また、今年の目標は「テンパらない」(笑)
 
 
毎日を味わって、かみしめながら、楽しんでいこうと思います。
 
 
 
 
 
歳ばかり重ねてもまだまだ未熟です。一生、学びですが、
 
 
今年も何卒よろしく申し上げます。
 
 
                     パン工房SYATOA~シャトア~  五十嵐明子

2016年7月20日 (水)

誕生日

今朝、まあくんの夢を見た

仕事を始めて、大輝くんが来たら

大輝君もまあ君の夢を見たという

なにか、悪いことを知らせてくれようとしているのかと思い

智君にlineで、気をつけてね、なんて送ったりしてた

夕方、ニュースで「夏休みが始まりました」と聞いてはっとした

そーか!今日は私の誕生日なんだ!!(笑)

7月20日、2学期最後の日、通信簿をもらう日(笑)

小さい頃から、うちはあまりお誕生日とか、お祝いしないうちだったけど

とりわけ、7月20日は、通信簿をみて、親も子も落ち込む日だった(笑)

暗い誕生日、それが私の誕生日

頑張って成績をあげればいいだけのはなしなんだけどさ(笑)

毎年、毎年成績が上がって、いつも一番オール5ならば、それは明るい誕生日になってたはずだし

そんな優秀な私だったら、今頃こんなじゃなかったとおもう(笑)

いや、今の生活はそれなりに気に入ってるんだけどさ

大輝さんがお祝いにスパークリングワインと美味しいチーズのつまみを買ってきてくれて

二人で、(大輝さんはアイスコーヒーで)乾杯して

すっかり酔ってしまった

夜には、智君が来てくれるという

私は幸せ者だ

まあ君、お祝いに来てくれてありがとう!うれしかったよ

大輝さん、智君、ありがとう!!

もうこの年で、誕生日なんてめでたくもないんだけど

子供たちの気持ちがうれしい

生きていてよかったと思う

これからもまあ君の分まで、生を享受しなくてはと思う

まあ君がいきているうちに伝えなければいけなかったこと

生を楽しむこと

順番を守らなくてはいけない事

あなたは、自分が思うより以上にひつようとされていて、とても愛されている事

2016年7月 7日 (木)

そのままでいいよ

今日も、次男が仕事帰りに、桐生から来てくれました。

以前は年に二度くらいだったのですが

長男のことがあった直後は、毎日のように来てくれました。

四十九日が済んだ今も、2~3日おきに来てくれます。

長男にお線香をあげて、ちょっと話して、30分くらいで帰ります。

こんなにだめなおかんなのに、心配して、寄り添ってくれる息子たち

自分を責め続ける私に、そうじゃないよ、と忍耐強く言い続け

おかんはそのままでいいんだよ

って言ってくれます

ありがたいです

おっちょこちょいで明るいおかんでいいんだよ

サザエさんかっ?(笑)

すくわれます

毎日一生懸命お店をてつだってくれる三男

七夕飾りでも大活躍でした。

ありがたいです

私は幸せ者です

長男ももうずっと一緒です

Img_0875_r

2016年5月31日 (火)

沢山のお心遣いいただきありがとうございました

シャトアは 真 と一緒に立ち上げた店です。

真は「母の長年の夢を実現させたいという強い想いがあり助力を申し出た」 と書き残しています。

本当にほんとうに優しくて、真面目ないい子でした

生と死の境目ははかなく もろく 曖昧で

まさか息子があっけなく向こう側に行ってしまうとは…

真 の葬儀はお陰様で無事みおくることができました

皆さまには、沢山のお心遣いをいただきまして誠にありがとうございました

今となっては、真が 母の為に一生懸命基礎を作ってくれた

この店、シャトアを

継続して つづけていくことが

真の供養になるのでしょうか

行き届きませんが

取り敢えずの再開をいたします。

一生懸命、生きていかなくてはならないですね

真 の分まで

皆さまには、大変ご迷惑をおかけしました。

申し訳ありません

6月1日に店を開けます

全て揃えることは出来ないかもしれませんが

何卒よろしくお願い申し上げます

2016年4月29日 (金)

敷島公園、前橋公園、ルナパーク

今日(4月29日)は敷島公園と前橋公園のお祭りです。

沢山のイベントと出店があり、シャトアも出展します。

よろしければおでかけくださいね(*^▽^*)

「敷島公園、前橋公園の思い出」

子供のころはよく親に連れていってもらいました。

中学3年の時、初めてのデイトは、映画をみて敷島公園のボートに乗るという鉄板的なコースでした。(笑)

大人になってひいおばあちゃんを花見に連れていったのも敷島公園でした。

ひいおばあちゃんは満開の桜を見て、「あー今年もまた桜が見られた…」と目を潤ませていました。

忘れられません。桜のころになると思いだします。

結婚して子供ができると、今度は子供たちを連れて遊びに行きました。

ルナパークもよく子供を遊ばせに行きました。

そして今は、桜の時期になると前橋公園、敷島公園は必ず見ます。

思い返せば子供の時からずーっと私の歴史の折々に敷島公園、前橋公園で過ごした時間があります。

これは故郷の記憶です。

どの場面も心がほっと温かくなる大切な思い出です。

2016年4月 6日 (水)

さくら

Img_0662_r

Img_0664_r

Img_0649_r

Img_0665_r

Img_0666_r

Img_0668_r

Img_0670_r

Img_0673_r

Img_0672_r

Img_0674_r

Img_0680_r

Img_0676_r_2

 

今年は思う存分桜を堪能できました。

生地を寝かせて前橋公園、分割ホイロで敷島公園…ま、仕事しながらでしたけど

最後は桜並木の桃木川沿いで桜のしたでお昼を食べて、お昼寝💛

そよかぜ、小鳥のさえずり、めを開ければ満開の桜

永遠にこの時が続いてほしかった

願わくば春爛漫の花の下

Img_0681_r

Img_0682_r

Img_0683_r

Img_0682_r_2

Img_0691_r_3

Img_0690_r_3

Img_0689_r_3

2016年1月22日 (金)

伝説?

長男が事故ってしまい、車がだめになったのが事の発端でした。

そのころ長男と次男は、桐生の学部に通っていて、たまに前橋でも授業があるという状態で二人のほうが、私より車が必要だと思って、

通勤に使っていた車を二人に使わせて、私は総社町から大胡まで自転車で通うことにしました。

すぐ、軽の中古を買おうと思っていたのですが、

一週間で3キロ体重が減ったうえに、立ちっぱなしで痛いふくらはぎが痛くなるという事態に喜び、そのまま自転車通勤を続けました。

一年ほど続けたのですが、体重はそれ以上あまりへらず、雨の日とか大変で

見かねた親戚が、使っていないバイクがあるからあげるよ、と中型バイクをくれました

バイクを売って軽の中古車を買おうかどうしようか迷いましたが、

私は人生は楽しまなくっちゃ、とバイクに乗ることにしました(笑)

まず、バイクの免許を取るために教習所に通い始めました。

そこには、若い男の子と若干の女の子…

教官の言うことには、バイクの免許取得に来た「おばさん」は、この教習所始まって以来2人めだ

「そのときも、大変だったけど…」そういって心配そうに困ったように私をみるのでした

教官の危惧どおり、だいぶ苦労しました(笑)

卒検も何度も何度も落ちて、雪がうっすらとのこる2月に、ようやく受かりました。((笑)

でも、バイク通勤は気持ちよかったですよー

桜のころには敷島公園や利根川沿いを寄り道して帰るのが好きでした。

とことこ安全運転で2~3年バイク通勤しました。

大渡自動車教習所では、自動二輪免許を取りに来たおばちゃんとしてきっと伝説として語り継がれていることと思います(笑)

2016年1月14日 (木)

20歳のころ

1月11日は成人の日でしたね

もう、ずいぶん前のことですが…(^▽^;)その頃の私は大学生で、バイトにはまっていました。

1年・2年で必修科目はほとんど済んでいたので、

平日はサラ金の受付嬢、土日は東芝家電の宣伝販売をしていました。

サラリーマン金融の内部を知ったり、お金を借りに来る人の外見と借金の履歴とのギャップに驚いたり、すごく興味深い経験でした。

お客様に受付で書類に住所とか名前とか、仕事とか、今までの借り入れとか書いていただくのですが

センターというすべての借り入れが検索できるところがあって、そこに照会すると全部わかちゃうんですね

真面目そうで、質問にもよどみなく「借り入れはありません」 ときっっぱり目を見て言うひとが、実は借金まみれだったり、

いろんな人の見た目と実際のギャップをみました。

世間知らずの子供だったので、社会勉強の気になって勉強そっちのけでバイトばかりしていました。

言えるものなら、あの頃の自分に言いたい!

「バイトなんかにうつつをぬかしたりしてないで、今しかできない勉強をちゃんとして

教職の資格をとりなさい!社会勉強なんかこれから先いやでもしなきゃならないんだから」

あの頃ちゃんとしていたら、変わったかなぁ、人生、、、

ま、今もわりと気に入ってるんですけどね(笑)

2016年1月 4日 (月)

新年明けましておめでとうございます!

Img_0384_r_2
1月の予定

9日(土) 前橋初市・うまいもの市   元気21

19日~21日(火~木)  シュークリームの日

明けましておめでとうございます

昨年中はたくさんのご厚情をいただき有難うございました。

今年も皆さまに愛される「シャトア」であるように精進していきたいと思います。

より一層のお引き立てのほどお願い申し上げます。

より以前の記事一覧